酸素の種類からみる酸素カプセルの優れている点とは?

一口に酸素といっても、二種類の酸素があることはあまり知られていません。
一つは「統合型」と呼ばれる酸素です。

 

体内にある酸素の99%といわれる統合型酸素は、
血中のヘモグロビンと結びつくことにより体内に酸素を運んでいきます。
しかし、ヘモグロビンと結びつくことにより細い毛細血管を通ることができないため、
身体の隅々まで酸素が行き渡らないという欠点があるのです。

 

もう一つの酸素は、溶解型酸素と呼ばれるものです。
血中のヘモグロビンとくっつくことなく血液などに直接溶け込んで
酸素を運ぶために毛細血管も通りやすいのも特徴です。

 

私たちの普段の呼吸によって取り込まれるのが統合型と呼ばれる酸素。
溶解型の酸素は呼吸だけでは取り込むことがほとんど出来ないのです。
いま流行りの「酸素バー」といったものも、
実は呼吸で取り入れるタイプの統合型の酸素です。

 

溶解型の酸素を取り入れるにはどうしたら良いのでしょうか?
その答えの一つが酸素カプセルです。
酸素カプセルは、酸素が満たされたカプセルといった意味だけではありません。

 

特徴的なのは気圧です。
カプセル内を高気圧状態に保つことにより
体内に高濃度の溶解型酸素を取り入れることが可能になったのです。
酸素カプセルによって体内に取り込まれる酸素量は、通常の呼吸の二倍とも言われています。
溶解型酸素を効率よく身体に取りいれるためには酸素カプセルに入るのが一番でしょう。
酸素の仕組を理解することによって、酸素カプセルのメリットがよく理解できますね。