酸素カプセルサロンと酸素バーを体験してわかったこと。

一時期、酸素バーが大流行したことがありました。
 
今でも、繁華街のビルのちょっとしたスペースで見かけることもあります。

 

酸素カプセルと酸素バーとは
言葉が似ているので効果も同じような印象がありますが、実はそうではありません。
その違いを説明するには、先ず酸素の種類について説明する必要があるでしょう。

 

私たちが吸い込んでいる酸素は、実は種類が二つあります。
普段の呼吸で摂り込まれるのが「統合型酸素」と呼ばれるもの。
統合型酸素は、血中のヘモグロビンと結びつくことによって体内に酸素を運びます。

 

酸素カプセルに入ることで摂り込まれる酸素は、
統合型酸素ではなく溶解型酸素と呼ばれるものです。
溶解型酸素は、統合型酸素と違って、
ヘモグロビンと結びつくといったことは必要とせず、直接体内に摂り込まれます。

 

酸素バーといっても気圧の変化がない場所で酸素を取り込みますので、
高濃度の酸素でも種類としては統合型酸素なのです。
酸素カプセルで摂り込まれる酸素とは根本的に異なるのです。
お手軽に酸素を補給したいのでしたら酸素バーといった選択肢もありですが、
身体の健康やダイエットのために酸素を摂り入れるのであれば酸素カプセルのほうが圧倒的に優れています。
酸素カプセルの中でも、より効果が高いハードカプセル型が現在の主流です。
気圧を最適にコントロールすることによって効率的に酸素を取り込むことが可能です。

 

本気で酸素を取り込むなら酸素バーに行くよりも、酸素カプセルに入ったほうがよい。
これが結論ですね。